So-net無料ブログ作成
検索選択

自律神経失調症や精神疾患に苦しむ人たちへ [日記]

スポンサーリンク



今日は僕の話を聞いてもらおうと思います。

僕は自律神経失調症で、もう10年間苦しんでいます。

外に出るのも怖くて仕事もできません。

酷いときは家にいても、立てなくなって寝転んで天井を眺めてる

時もあります。

5年前からお父さんが定年退職したので、

雨の日以外毎日5キロから6キロほどを

1時間ちょっとかけて歩きに連れて行ってもらってます。

まだ一人でまともに歩けないので、お父さんにベルトを持って

支えてもらったり、肩を借りたりして今僕にできる精一杯の力で

歩いています。

しかし治るめどが立たずに不安の日々を過ごしています。

今日は散歩してきてからブログを書いています。

僕が最初に精神疾患になったのは20年以上前

中学生の時だと思う。

最初は貧血じゃないかということで貧血の薬を飲んでいました。

しかし治らず、中高と大好きな運動をほとんどできずに、

クラスメイトには馬鹿にされながら卒業まで頑張って

学校に行きました。

しかし学生中は精神を病んでるなんて思わず、

何回も別の病院に行ったけど、体には全く異常が見つかりませんでした。

多分僕と同じ経験した方も多いことでしょう。

それから仕事も何年か続けましたが、やはり調子悪い日も

ありました。そして決定的に精神疾患がひどくなる出来事がおこりました。

4年間付き合った彼女から振られたことです。

彼女には病気を知られたくなく隠していました。

それがいけなかったのかもしれません。

彼女は僕とのデートを楽しみにテンション高く

僕はひどいときはホントに暗い状態もありました。

でも僕は彼女が大好きでした。

しかし彼女には伝わらない、彼女と会っているのに

彼女とのテンションの差に彼女は僕が楽しんでないと思ったらしく

結局破局しました。

それがひきがねになり体調にも表れるようになり、

仕事にも影響してきて、仕事を休む日が多くなってきて

結局辞めてしまいました。

僕と同じで仕事ができず、引きこもってる方、家族にも

言えず辛い思いをしてる人もいると思います。

精神疾患は恥ずかしいことではありません。

むしろ人に気を遣えたり責任感の強い人に

多くかかる病気です。

自分勝手で人のことなんかまったく考えない人には、

絶対かかりません。

ただ精神疾患が長く続くと、僕も同じなんですが、

いろんなことへの恐怖心、不安、などネガティブに

なっていきます。

僕は夜になって寝るときに電気を消して目をつむると

考えてしまいます。これからどうなるんだろう?

早く働かなきゃ、両親が亡くなったら僕はどうなる?

などいろいろ頭に浮かんできます。

こんなこと考えることが逆効果で、

落ち着いてゆっくりこの体と付き合っていけばいいと

別になんとかなるってと開き直ることが必要です。

精神疾患で苦しんでるみなさん!

僕も頑張ります・・・・・いや適当にやっていくので

皆も僕と一緒に少しずつ不安をなくしていきませんか?

と言っても、僕に何かできるわけではないですがww

僕みたいに10年間苦しんで治すために頑張ってる

精神疾患で苦しんでいるみんなと一緒の者がいると覚えておいてください。

それが皆さんの勇気になるといいと思います。

引きこもっている人は外に出てみてください。

誰にもいえず苦しんでる方は身近な人から話して言ってください。

少しずつすっきりしていきましょう。

精神疾患が治ったよと言う嬉しいコメント待ってます。

精神疾患など心の病に正通した先生を紹介します。



最後に心の癒しをあなたに



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。